皆様おはこんばんちわ。|ω・`)ノ ヤァ
本日も良い狩り日和ですね。
ヘタレハンター筆頭、ayameと申します(挨拶)


bandicam 2017-05-16 06-50-13-654


さてさて、


超特殊隻眼、無事にソロ攻略致しました。


bandicam 2017-05-25 23-42-06-632


致しました、とか言ってますが、実はもうだいぶ前の話でして。
キャプチャした画像の日付みたら5月12日とかなってますね。今何日だよ。


・・・えー、そういうワケで記事化遅れました。すいませんでした。
色々とね、忙しかったんですよ。何がって言われれば具体的には二つ名攻略がなんですけど。


bandicam 2017-05-25 23-42-51-559


もう既に10は達成してますからね。記事にしたやつですか?これ入れてもまだ5つですね。
ストックだけは一杯ある形となりましたね。だって早いとこ中冠にしたかったんですもの。


bandicam 2017-05-22 02-14-25-801


というワケで冠サイズも無事に一段階うpしましたので、これでようやくまったりと記事に取り掛かることができます。
というか取り掛からないとそろそろ本格的にマズいので、もうさっさっと推し進めてくよ!
何でかんだで1本の記事書くのに2時間くらい使ったりもしますから、溜め込むと地獄となるのが明らかです故。

それじゃちゃちゃっといってみましょう。G級でも二つ名攻略第5弾『ヘタレでも大丈夫!隻眼イャンガルルガソロ攻略法』でございます。




隻眼



G級の隻眼教官に目立った新モーションは追加されておりません。
これは元々隻眼自体が「上位においては原種の上位互換的扱い」だったため、差別化のために上位の段階で二連サマーソルトを行っていたことなどによるものです。
つまり原種教官との違いを作るためには、G級モーションを上位の段階で使わせるのが一番楽だった・・・と推測しております。


なのでG級における違いというのは、「小さくバックステップするようになった」「チャージ突進を二回連続で行うようになった」「岩盤隆起時に、前方に岩を飛ばすようになった」くらいなのです。

この中で後方への小ステップは、所謂「車庫入れ」と似たような動きとなるため、割と素直な動きが好評だった上位個体と比べて明らかにウザさが増したと専ら評判です。
弱特殺しな子が割と多い二つ名において「常に弱点をさらけ出し、尚且つそれが狙いやすい位置にある馬鹿」点が実に与し易かった隻眼主任においては、車庫入れ的動作は弱点を狙いにくくするだけのものである・・・と捉えられてしまったからです。

ところがこの小バックステップ、直後の行動が非常に限定されております。
具体的には「3連ブレス」「嘴叩きつけ」「チャージ突進」のいずれかにしか派生しません。

このうちチャージ突進の比率はかなり低い上に事前に長い溜めモーションがあるので対処は容易です。
シングルか連続かの違いはありますが、どちらにしても繰り出した後には確定で威嚇を挟むので、攻撃チャンスにすらなります。
攻撃チャンスとなるのは3連ブレスも同様で、同じく比率の高い嘴叩きつけと半々の確率で繰り出してくると過程しても、小バクステ後には半分以上の確率で攻撃できる隙を晒す、ということになります。
それ単品だけで見るとウザさしかない小バクステですが、その後の派生まで含めるとむしろチャンスだったりするんですね。


それ以外の新モーションでは、チャージ突進二連は一回目も二回目も溜めモーション入るので見てから対処余裕ですし、岩盤隆起時の岩飛ばしは「前方てよりも放射状に近い形で岩を飛ばす」ため真横から後ろにいれば当たりません。
そもそも隻眼自体が前方に進みながら岩盤隆起を行ってくるため、正面付近にいない限りは当たることの方が珍しいです。

なので隻眼教官戦の基本としては・・・実は上位とそんな変わらない、という。隙を見て弱点の頭部をしっかり殴っていく、って感じですね。
疲労しやすい特徴も割とそのままですし、スタン耐性もそんな高くないので打撃武器だと楽な感じではあります。
勿論切断武器にも、事故要因となる猛毒の尻尾を切断できるいうメリットがあるので、この辺は完全に好みです。


以上を踏まえて、装備構成例として二つ程。
今回は打撃武器と切断武器、それぞれ1パターンづつご用意しました。



bandicam 2017-04-12 01-04-04-859



以前紹介した暴力シスターなハンマー装備ですね。

隻眼主任には耳栓で十分なので、高耳を耳栓に落として斬れ味+1を+2にする・・・みたいな組み換えもできます。
そうすれば継戦能力をあげつつ、強力な爆破ハンマーであるミラバルカンインを担げたりするのでその辺は好みでいいでしょう。


bandicam 2017-05-25 23-42-19-050


基本的には前述した隙や振り向き様の頭をガツンガツンと殴ってくだけでございます。
ただし上位の時に紹介した装備とは違い、回避性能系スキルはついてないので、無理に攻めず早めの離脱を心がける必要はあり。
そこさえ注意すれば、ハンマー練習としても最適な相手にもなり得ると思います隻眼主任。


もう一つの方は、これも以前紹介したブレ太刀装備で。


bandicam 2017-05-11 02-28-25-671



隻眼主任はそのモーションも見切りやすい部分に入りますので、カウンターが使えるブレ太刀とも好相性。
基本は頭を狙いつつ攻撃はカウンターやイナシで捌いてれば、尻尾は勝手に斬れてたりします。サマソをカウンターできるようなればもうそれだけで斬れますからね。
回避手段や能動的カウンター手段がある分、安定性は前述したハンマー装備より高いかもしれません。
慣れてる武器、好みの武器でいくのが一番ではありますが、モンスの特徴に合わせて武器を変えるのもモンハンの醍醐味の一つ。
ご参考になればと思います。


それではいよいよ実戦です。
あ、言い忘れましたが大問題クエがG5で待ち構えてますので、心してかかってください。
G5が隻眼教官クエの全てです。



bandicam 2017-05-11 21-19-35-788


G1:遺群嶺で捕獲クエ

最早手慣れたものな恒例クエ。注意点としては打撃武器で行く場合、スタンや疲労などが絡むと中々移動を始めず、結果として教官を殴り殺すことも多いという点。
全ての二つ名捕獲クエに言えることですが、体力管理はとても大事です。
見極めの発動等も含めて、対処を考えておくと今後の同様のクエも楽かと思われます。


G2:古代林でワンナウツクエ

古代林で隻眼教官相手にする場合の注意点は、割と背景色に紛れてしまうこと。
その為状況によっては教官を見失うようなケースや、モーションを見間違うケースも発生します。
1乙アウトクエということもありますので、慎重に攻める姿勢が大事です。


G3:森丘で二頭連続クエ

兎に角エリア9では喧嘩しないこと。
慣れれば問題無いですが、あの細い通路で喧嘩してるとたまにフルボッコされます(1敗)
こやし玉等で早急な移動をお願いするが吉です。
それさえこなせば然程難しくはありません。


G4:密林でラージャンと一緒

何故この組み合わせなのか、というような方とご一緒です。
どっちも超好戦的な生物いうことで共通点はあるので、その辺ですかね・・・

注意点としては、ラージャンと打撃武器の相性は基本的には悪いです。
全身弱点とまで称される切断武器、弱点の頭を割と狙いやすい遠距離武器と比較して、弱点の頭を狙うためには最大の危険地帯である正面付近に陣取ることを強いられ、尚且つその頭判定は小さく、更に結構スタンしにくいラージャンさんは、慣れてない方がハンマー担いでいくのはちょっと危険。
ここは素直に他の武器に持ち替えてもいいでしょう。何せ隻眼主任自体はどの武器でも対処しやすい子ですから。
このクエはラーに合わせた武器選びでいいと思います。


G5:禁足地で白疾風と一緒

まず最初に隻眼一匹、一定ダメージで白疾風乱入、二頭討伐後に大トリの隻眼主任・・・という構成です。
そして何気に、全てのG5クエの中でもソロ攻略は難しい部類に入ります。

理由は簡単です。白疾風には「けむり玉が効きません」
大事なことなのでもう一度言います。「白疾風には、け む り 玉 が 効 き ま せ ん 」


つまり乱入する白疾風と一匹目の隻眼を分断する術が無いのです。
既に一定以上体力を削ってるとはいえ、隻眼と白疾風、二つ名二頭を同時に相手にせねばならぬという。

一応白疾風乱入を確認したらモドリ玉で戻り、警戒解けた後に再入場、白疾風にだけ発見されて後は隻眼をけむり玉で分断しつつ戦う・・・というやり方なら、分断できるかもしれません。やってないので分かりませんが。
そんな面倒なことをするくらいなら、1乙や2乙してでも最初の隻眼をゴリ押しで殺すいうのが私のやり方です(3敗)


この白疾風にけむり玉効かない問題については、一部ではバグではないかと言われています。
ただ似たようなことは、実は4だか4Gだかの時点で発生してたんですよね。「塔の秘境ではけむり玉が無効になる」という形で。
調べたところどうにも原因は「一部モンスターでは、けむり玉が効果を発揮しないレベルでモンスの探知能力が強化されてる」ことによるものだそうです。

けむり玉の本来の効果は「モンスに見つからないようにする」ものではなく「モンスに見つかりにくくする」ものです。
なので極端に探知能力に優れたモンス相手には、意味をなさないんですね。それが白疾風である、と。


この状況を打破する手段で一番楽なのは、「白疾風を閃光漬けにしてる間に隻眼を倒す」ことでしょう。
放置してゴリ押しでもいいですが、白疾風さんは真空波という遠距離攻撃手段を持ってますから、離れてても平気で削ってくる+裂傷付与というあり得ないウザさを発揮しますので。
僅か10秒程度の時間であっても、そのウザさが消えてくれるだけで有り難いです。
この辺は運も絡みますので、失敗しても諦めず繰り返し挑戦する姿勢は大事でしょう。


最初の隻眼さえ潰せば後はボーナスステージみたいなもんです。
白疾風の体力も然程高くはないので、大きめの隙にきっちり攻撃加えていけば討伐は可能。
残る隻眼主任はウイニングラン。ただし攻撃力は高くなってますので、万が一の被弾には注意してください(1敗)


bandicam 2017-05-11 21-18-22-312


兎に角最初の隻眼をどう捌くかが本クエの鍵となります。
白疾風にハンマーで行ったのなんて初めてですけど、そこさえくぐり抜ければある程度何とかなるものよ(死ぬかと思った)


超特殊許可:禁足地でガチンコバトル

G5の激戦をくぐり抜けたハンターを待つのは金冠確定というビッグサイズの隻眼教官。
このことから、片手剣や双剣などの短リーチ武器では、これまでなら頭狙えてたケースでもスカることも。
攻撃力も楽しことになっており、嘴叩きつけなどはその使用頻度の高さにも関わらず平気で体力を半分以上持ってくという鬼畜具合に。

更に超特殊に相応しく体力も底上げされているので、集中力切れたところにこういった速効的な攻撃を被弾することでネコタクのお迎えを受ける・・・というケースも発生します。


このことから超特殊戦でのカギは、「さっさと疲労状態にする」ことかと。
打撃武器なら開幕5分もすれば、切断武器でも10分弱で疲労状態に入るので、この時にどれだけ攻撃を加えられるかです。
隻眼の疲労状態自体は短いものの、実は閃光玉を投げればフルボッコにできるという特徴がございます。
一気に体力を削る大チャンスですので、逃さずに狙っていきましょう。


また、狩猟場所が禁足地であるというのも追い風です。
というのも禁足地は他の決戦場タイプのフィールドと違って・・・ベッドがあります。
そりゃ天空山のBCと位置を共有してるので当然ちゃ当然なんですが、これが実に便利です。
なのでモドリ玉は、調合分まで持ち込んで何かあったら即帰還のベッドでぐっすりで安心安全確実に。
こういう精神的に安らげるポイントがあるクエというのは、難関揃いの超特殊においては、ひとつの癒しなのだと思います。


bandicam 2017-05-12 00-20-54-657


割とあっけなく討伐完了。
うん!あっけなかったね!(2乙)
ネコ飯保険金詐欺発動させてるから実際には3乙という罠。


練気ゲージないのにカウンターしようとしたりブレイヴ切れてるのにカウンターしようとしたりしない限りは、安定して戦えると思います。
こういう細かいミスが死に直結するのは、超特殊の怖いところですね・・・
何はともあれ、G級隻眼ソロで無事に完了でございます。


bandicam 2017-05-12 00-22-43-558



上位の頃から変わらぬ安心感、それが隻眼主任の良さだと思います。
新モーションには嫌らしさを出してるものもありますが、後隙や限定された派生パターン等、決して嫌らしさだけではない・・・というのも好評価。
金雷公もそうでしたが、今作でも実にいい調整をされた子だと感じました。二つ名ソロ入門にもいいかもしれません。G5以外は。


一先ずこれで5匹目終了です。
冒頭での図でも分かるように、蟹二頭&クマ&ウサギ&蛙までは終わっております。
次の二つ名攻略は、このストック連中を記事にしてからになると思いますので、なるべく早めに終わらせたい所存でございます。
繰り返しになりますが、これ終わらせないと本ブログの本来の姿である見た目装備にいけないちゅう話なのですよ。マジで。


それでは本日はこの辺で。
明日も良い狩り日和でありますやうに。かしこ。(´・ω・`)ノシ


↓何気に文字のフォントサイズ大きくしただろ思った方はポチッと↓