皆さまおはこんばんちわ。|ω・`)ノ ヤァ
本日も良い狩り日和ですね。
ヘタレハンター筆頭、ayameと申します(挨拶)


image


さてさて、


本日は二つ名勲章コンプを目指してシリーズPart9『岩穿テツカブラ』さん&地底火山の大問題地形との熱い戦いの様子をお伝えします。地底火山エリア8は本当に滅びればいいのに!!


・・・はい、まぁ、岩穿さんですよね。もう結論から言っちゃいますけど「LV8~LV9の方が難しい」です。LV10より。
むしろLV10は癒やしでした。極圏でガムートと同時とか、地底火山の「MAP制作した奴は記者会見を開いて謝罪すべきだ」で有名なエリア8から動かない(バグ)ブラキさんと一緒に出てくるとかそっちのが世紀末です。

なのでLV10の攻略とか・・・いるか?みたいな。
当方としては「ヘタレでも二つ名クエはソロでいけます!」というのをお伝えしたいワケで、これまでの二つ名さんは、個人的にはやっぱLV10がいっちゃん難しかったんですよね。

なのでLV10をクリアできる=他のLVも大丈夫だ問題ない、というつもりで書いてたんですが、岩穿に関しては「LV10をクリアできるからといって、他のLVをクリアできるとは限らない」というのが正直なところ。
まぁ、LV8&LV9の画像なんて撮ってないand2回もやる気が起きないんでLV10のこと書くんですけどね!あはは!!

・・・いやもう本当にマジ勘弁です。かなり本気で。


それではいつも通り岩穿さんのアレコレから~


岩穿テツカブラの傾向と対策


3434365i


岩穿さんと原種との差ですが、最大にしてほぼ唯一の差として「原種が突進メインなのに対し、岩穿さんは岩を使った攻撃メイン」というのがあります。
なので相手してみると分かるのですが、この唯一の差が彼らを全く別のモンスターに仕上げております。
宝纏もそんな感じでしたが、メインとなる動きが違うだけで別物になるいう好例ですね。

兎に角クエの大半を岩咥えて歩きまわってます。突進なんて怒り時くらいしかしませんからね。
一応通常時にも岩咥えるついでに単発突進してくることもありますが、正面にいない限り問題ないので殆ど無視してもいいレベルです。
そして岩を咥えてる間は、極端に動きが鈍くなります。
突進祭りになりがちな原種キラーイ、って人にとっては朗報でしょう。ただし咥えてる岩に大きな問題がある模様。


岩穿さんが咥える岩ですが、両牙の部位破壊前だとサイズ間違えたかと思うレベルのデカさです。
そしてそいつを平気な感じでぶん回してきます。特に近い位置にいると危険が危ない感じです。
岩に引っ掛けられて転んで、起き攻め的にまた転ばされて更に追加で岩コツンコツンガシャーン(昇天)・・・みたいな。
咥えてる岩のデカさ故、範囲も相当に広いのです。回転回避一回分程度では平然と引っ掛けてきます。
なので正面は超危険地帯です。ポジションは側面から後方に取るべきでしょう。


更に岩を掘り出して設置する攻撃についてもアホみたいなデカさとなっております。
通常種であれば掘り出す動作そのものには当たり判定はありませんでしたが、岩穿さんの場合は本体にしっかりと当たり判定を獲得するという暴挙を達成。
ついでに設置された岩の崩落ダメージも馬鹿にならず、何よりそのデカさ故視界を盛大に妨害してくれるというオマケ付き。
岩穿自体も原種よりはデカいですから、「カメラさんちょっと仕事して仕事!!」と叫びたくなる事態も多発。
壁際近辺で繰り出された日には、真面目に何も見えなくなります。
「モンハンの最大の敵はカメラワーク」と言われてた時代を思い出させる子ですね。


一応上記二つの攻撃は、両牙を破壊することで原種と同じサイズにまでダウンさせることが可能です。
基本的な立ち回りとしては正面を避けて尻尾を狙いつつ、チャンスに頭・・・みたいな感じになるでしょう。そう、近接で挑むならば。


このブログでは割と頻繁に言ってることでもありますが、「近付くと面倒臭いなら、近付かなければいいじゃない」
岩咥えてる時の動きが鈍くなるなら、機動力の高い遠距離武器で蜂の巣にしてやればいいじゃない。私達にはライトボウガンがあるじゃない。


というワケで対岩穿その他水に弱い子用ライトボウガン装備構成例が↓コチラ↓になります。




bandicam 2016-09-17 12-46-29-845
bandicam 2016-09-17 12-46-33-116


マイセット名:水流王【水珠】

(ガンナー/女)

スタイル:ブシドー
狩技  :全弾装填Ⅲ

武:あまとぶや軽弩の水珠[0]
頭:アイルーヘアバンド[※胴系統倍加]
胴:ラギアSレジスト[2]
腕:エスカドラRアルマ[1]
腰:ラギアRコート[0]
脚:アカムトRチキル[2]
守:龍の護石(水属性攻撃+13)[0]

変射珠【1】×2(胴)、変射珠【1】、流水珠【1】×2

水属性攻撃強化+2
属性攻撃強化
貫通弾・貫通矢UP
特定射撃強化



後ろ姿が実に紳士的嗜好に基づいた逸品。
ラギアR腰の「前は長め、後ろは短め」いう裾の構成が、実に素敵な風景を描いてくれております。
大事なことなので2回言います。実にいい風景を描いてくれております。


image

大事なことなので(ry


全体的にも胴と腰を同じラギアベースで纏めてるので違和感ナシ。エスカドラR腕、アカムトR脚ともに主張が強い防具ではないため、シンプルに良見た目にできました。一番の見どころはネコタクで運搬されてる時です。何かこんな装備ばっか作ってるな私は。

・・・スキル的には所謂『W属性変射』装備の水バージョンでございます。

ご存知の方も多いと思いますが、P3の頃は「●属性攻撃強化+△」と「属性攻撃強化」は重複するスキルでした。

なので双方を発動させたライトボウガンで速射をかます「W属性速射」は、かつてのはきゅんやラオート、抜刀アーティ、AGガンスなどとならぶバランスブレイカーとしての地位を獲得。ぶっ壊れ野郎は神の手によって弱体化されるという掟に従い、3G以降は「重複するけど1.2倍上限な!」という現在までの形に。
W属性ライトは静かにモンハンの歴史に埋もれていってたワケですが・・・

今作で追加された新スキル『特定射撃強化』W属性ライトの栄光の記憶を呼び覚まします。
特定射撃強化は「ボウガンの内蔵弾と弓の剛射の威力を1.2倍にする」というものですが、これは属性強化系スキルと完全に重複します。制限一切ございません。

なので単属性強化+2と属性攻撃強化、特定射撃を発動させた内蔵属性弾の威力は・・・1.44倍。ええ、正しく壊れてる補正です。
世の中には内蔵属性貫通弾速射可能なライトもございますので、そいつ担いでW属性変射した日には、新世界の夜明けを見ることでしょう。

ただ、強いとは言っても内蔵属性弾限定なので、使う機会は限られますけどね。内蔵属性弾が尽きた瞬間に大幅な火力低下となるので、調整としてはいい感じなのだと思います。

さて、今回の武器「あまとぶや軽弩の水珠」の内蔵属性珠は、貫通水冷弾LV1LV2、水冷弾LV2とかなり豪華なラインナップ。
そして特定射撃は乗らないものの、水冷弾LV1は速射に対応しております。

肝心の岩穿さんの属性耐性ですが、頭と牙に水が25も通る素敵っ振りです。ガンキン同様、水冷弾のためにいるみたいな子です。岩穿さん。こいつで負ける要素はほぼ無いという勢いです。


では、そいつを実証すべく、早速。


ヘタレハンターvs岩穿テツカブラLV10


image


岩穿さんLV10『溶岩島での岩穿二頭連続狩猟』でございます。
立ち回りとしては岩穿軸合わせ後の正面には入らず、やや斜め前方から各種水冷弾及び貫通弾を回し撃ちしていく感じ。

岩咥えて歩きまわってる時には無理に攻撃せず、確実に撃ち込める隙にのみ射撃。
咥えてる岩を噛み砕いたら確定で威嚇するので絶好のアタックチャンス。両牙破壊さえしてしまえば貫通のクリティカル距離の維持も余裕(破壊前だと稀に引っ掛けられる)なので、兎に角早めの牙破壊を意識しております。

そして一頭目は特に問題もなく討伐。


image


何つーか、楽です。討伐時間的には、私の場合は白疾風一式にスラアク担いで尻尾追い回してた方が早いんですが、兎に角ストレスフリーで狩れます。水特化ライト。
カップラーメンより早い時間で両牙破壊できるのが大きいですね。岩のサイズダウンさえ果たせば、隙だらけの原種という印象ですしおすし。

っつーワケで二匹目もね!(笑)
突進しないカエルとか別に怖くないですからね(笑)
あれーどうしたのかなー二つ名テツカブラさんこんなんやったら亜種の方が遥かに強かったんだけどなー(笑)


image



image



すいません乙りました。許してください何でもしますから。

岩噛み砕き直撃→根性で生存もピヨる→岩穿さんスーパーボディプレスのモーション→慌て過ぎてJKのタイミングミスる→神は言っている、ここで死ねと。みたいな感じでした。油断すると一瞬で持って行きますね岩穿さんは・・・考えてみれば、攻撃の気絶値は結構高めな方でした。くらうと危険が危ないのは、流石二つ名といったところか。
時間的には17'33"。10針は十分狙える位置ですね。上手い人なら余裕の5針なんでしょうが、私には無理です。マジで。


そんなワケでヘタレハンターによる岩穿テツカブラソロ攻略譚でした~


最後に


冒頭でも言ったように、LV8とLV9が正しく地獄でした。岩穿さん。

LV8はけむり玉で分断可能ですが、然程広くはない極圏をガムートさんが所狭しと闊歩してるので、流れ弾等で見つかりやすく、LV9は兎に角エリア8の地形が最大の敵です。
ブラキが移動しないバグが無かったり、極圏でなく塔の秘境とかなら全然楽だったと思うのですが・・・エリアと地形でここまで難易度変わるか、という印象です。

肝心の岩穿さんは、原種と比べて強化はされてるものの付け入る隙は十分にある、と言った感じ。
ただし舐めてかかるとあっという間にキャンプ送りにされるので油断は禁物、みたいな感じです。
特に一発攻撃をくらうと雪崩式に攻め込まれる節はあるので、近接遠距離ともに、「まずは被弾しないこと」を前提に立ち回るとよさ気だと思いますたとさ。


それでは本日はこの辺で。
明日も良い狩り日和でありますやうに。かしこ。(´・ω・`)ノシ


↓岩を咥えてるカブラの姿が可愛いと思う方はポチッと↓