皆さまおはこんばんちわ。|ω・`)ノ ヤァ
本日も良い狩り日和ですね。
ヘタレハンター筆頭、ayameと申します。


さてさて、


古から伝わる変態という名の紳士的ハンターの狩猟スタイルに「スラアクを斧モードメインで運用、つか斧以外使わずに運用」というものがあります。


スラアクという武器種は、普通に使ってるとどうしても剣モードメインになりがちです。
スラアクの狩技でさえ「剣を使え」って言ってるようなやつばっかですからね。エネチャとか剣鬼とか、トランスラッシュは浪漫の塊ですしおすし。

4以降は「斧モードはゲージをチャージするためだけに存在する」とか言われてますし、ぶっちゃけもうこの武器種スラッシュソードって改名した方がいいんじゃないかという勢いです。

なのでまぁ、スラアクを斧モードで運用するって人は、どこかイカれてる野郎なんだと思います。はい、私のことですね。
実際やってみると楽しいんですよ?まぁ、楽しいだけでそれ以上のものは何もなかったりするんですが。
けれどゲームなんて楽しんでなんぼですからね。というワケで今回は、


斧を担ごう!~スラアク斧モードを愛でる会~


ということで、斧モード運用に適したスラアクから装備例の紹介などをしていきたいと思います。


image

効率?面白ければええんよ。


斧の選別方法


さて、スラアク斧モード運用にあたって、まずは「どの斧を担ぐか」を決めなくてはなりません。
斧モードにおいては、純粋な物理火力が必要となります。ビンの効果乗りませんからね。

むしろビンの効果が乗らないので、これまで産業廃棄物扱いされてた「強撃ビンと強属性ビン以外のビン搭載のスラアク」に光を当てることができます。
産廃連中の中でもぶっちぎりの使えなさだった滅龍ビンと減気ビンは泣いて喜んでください。

さて、そんな感じでスラアクを見渡してみますと、ありました。

250という高い攻撃力と30%の会心率を持ちながら、滅龍ビン搭載&超絶なまくらな切れ味のお陰でゴミ箱に埋もれていた武器が。
紹介しましょう。アカムトルムのスラアク『覇剣斧ムルカムトルム』さんです。


image

重厚な佇まいと圧倒的無骨さは正しく”斧”である。


ムルカムさんの最終強化型は『覇斬斧クーネムルカム』
初期状態から攻撃力はそのままに、切れ味(緑)の僅かな延長会心率に5%プラスされるのみというかなり潔い強化は、この斧が生産段階で既に完成形に近い完璧さを備えていることの現れです。

ムルカムさん最終形の素での期待値は、切れ味緑込みで約285。
他の高攻撃力スラアクの期待値と比較してみると・・・

・崩天剣斧ムルオンカム・・・249(攻撃力250会心-20%緑ゲ強属性)
・白骸の棘剣斧・・・・・・・256(攻撃力260会心-25%緑ゲ強属性)
・巨攻・餓斜ン牙機ン・・・・262(攻撃力230会心-20青ゲ強撃)

と、中々いい感じです。
そもそも高攻撃力のスラアクはその殆どがマイナス会心ですから、そんな連中の中で高会心叩き出してるムルカムさんが頭一つ抜け出るのは当然のことです。
因みに素の物理攻撃力だけなら、二つ名ディノスラアクなんかにも勝てます。アカム斧、つおいお。

よって今回担ぐ武器はムルカムさんでいきたいと思います。こいつの火力を伸ばしていくとしましょう。


搭載すべきスキル


それではムルカムさんを第一線の狩場で活躍できるようにスキルを整えていきましょう。
ムルカムさんの性能を見るに、候補はいくつかあります。

・高い攻撃力を更に高める・・・・・・・・・・攻撃力UP系スキル
・高い会心率を更に高める・・・・・・・・・・見切り、弱点特効、連撃の心得など
・最高でも緑ゲージという特徴を活かす・・・・鈍器
・クリティカルでのダメージを更にUPする・・・超会心

火力スキルとしてはこの辺になります。他にも『挑戦者+2』や『力の開放+2』あたりで攻撃力なり会心率なり上げるのもいい感じですね。
斧モードの場合は「エネルギーチャージ」「剣鬼形態」の狩技二つが不要になるので、「狂竜身」などを組み込むのも面白いかもしれません。

そしてお守りと相談しながら、見た目を考慮しつつシミュ回してみた結果、↓こんな感じ↓になりました。


装備構成例


bandicam 2016-09-17 17-29-54-206
bandicam 2016-09-17 17-29-58-117


マイセット名:斧を愛でる会

(剣士/女)

武:覇斬斧クーネムルカム[0]
頭:隼刃の羽根飾り[0]
胴:グリードRメイル[2]
腕:アカムトRサクンペ[1]
腰:ディノSフォールド[2]
脚:アカムトRケマル[2]
守:龍の護石(匠+5)[3]

攻撃珠【3】、攻撃珠【2】×3、攻撃珠【1】

攻撃力UP【中】
見切り+2
鈍器使い
切れ味+1


ムルカムさんの色合いと防具の色合いがマッチした1品が仕上がりました。無骨な斧を担ぐにはまぁ合ってるスタイルでないかと。

一応「切れ味+1」緑ゲージのケアのために入れてます。
鈍器使いは切れ味悪くなる程攻撃力上がりますが、切れ味ゲージ黄色以下からは「斬り方補正」というものが発生し、場合によっては火力低下してしまうので・・・安定のためには緑ゲージで運用する必要がありますからね。

お守りが匠+5のスロ3ということでやや難です。しかしながら実は「切れ味+5スロ3」あれば、胴をクロオビS、腰をヴァイクSに変えることで、

業物
見切り+2
鈍器使い
超会心


という構成を組むこともできます。そして、会心込みの期待値はこっちの方が高いです。
ついでに、業物の切れ味1/2を考えると、匠よりこっちが緑ゲージは実質長くなります。

「なら何でそっちにしないの?」

とお思いかもしれません。はい、何ででしょうね?
多分見た目で決めたとかその辺だと思うんですけど、クロオビS構成の見た目も悪く無いんですよね。
本当に何でなんですかね?自分でもよく分かってません。


image

こっちの、見た目も好きです。


・・・おそらくこの装備組んだ時には、「期待値より安定性」とか考えてた記憶があります。
会心込みの期待値ならクロオビS構成の方が上に行きますが、期待値はあくまで期待値ですから。
会心出まくる時もあれば、びっくりするくらい出ないこともありますからね。

その点攻撃UP系なら、単位時間辺りのダメージ量は超会心構成に比べれば安定するハズなので、多分そんな感じで組んだんだと思われます。
・・・本当に何でなんだろうね?(記憶障害)


いざ!斧の力を示すために!!


というワケで折角装備組んだんですから、何か退治しに行こうと思います。
そうですね、スラアクを斧モードで運用するとか、盛大にイカれた考えですから、まぁイカでも狩りますかね。
そんなワケで今回のお相手はオストガロアさんです。

mhx-ostgaloa4

侵略!イカ。


立ち回りは触手を狙いつつ、ダウン取ったら弱点へ。
顔面のモクモクが晴れたら顔殴り→大ダウン後に背中の弱点へ・・・みたいな感じです。
拘束バリスタは顔面モクモク晴れてる時に。後半龍属性オーラまとってから二発ともかましております。


image


16'24"乙無し・・・これが斧の実力よ!!

うん、狩れるもんなんですね。正直びびりました。
いや、狩れることは狩れるとは思ってましたが、20針以上はかかる予定でしたからね。

30分2乙くらいの死闘を繰り広げて、「斧は、斧は負けないんだぁー!!」とか言いながら、最後は浪漫の塊トランスラッシュで止めと考えていたのですが、徒労に終わったようです。
まぁ、トランスラッシュの最後は剣モードなんですが。

兎に角、無事に狩れて何よりです。玉も出たし。


最後に


スラアクの斧モードですが、強撃ビン搭載スラアクの剣モードに比べたら弱いってだけであって、武器種全体でみたらそうでもないと感じさせる結果でしたね。
少なくともガロアをソロで15針討伐できる程度の力量はあります。

これはもうですね、流行らせるしかないと、私はそう思うのです。
これからのMHXは斧の時代です。チャージアックスでの深刻な榴弾バグが発覚した今、斧界の未来を救えるのは斧モードスラアクしかいません!!

よっしゃじゃあ早速オンライン行って布教活動してきます!!
「雑魚くるな」とか書いてる、明らかにゆう族の者と思われる方が主ですが、きっとこの斧モードスラアクの前にひれ伏すことでしょう!!


image


世の中そんなに甘くないって話ですね。わかります。(´・ω・`)ノシ


↓斧に漢の浪漫を感じたらクリック↓