皆様おはこんばんちわ。
本日も良い狩り日和ですね。
最近回避性能を外して色々狩りに行く練習を漸く始めたのですが、面白いくらいに被弾します(笑)アハハ!!
・・・昔からもう中毒みたいなってるスキルから脱却するのは中々ムズいですね。ayameです(挨拶)


2015-02-17-00-50-31_deco


さて、


久方ぶりの更新となりました。
理由は色々様々ありまして、前述した回避性能外し練習もそうなんですけど、主な理由は『獄狼竜の昏玉』を入手するための大冒険を繰り広げていたからです。
ついでに『獄狼竜の天玉』もおまけ程度で入手できればいいやー、くらいの気持ちでG級ご苦労を只管狩っておりました。

しかしアレですね。ご苦労、上位とG級でエラい差があるモンスでございますね。
上位まではわんおわんお鳴いてるだけの犬なんですが、G級に上がった途端、どこぞのケルベロスもしくはフェンリルウルフばりの魔物と化しますからね。何ですかあの龍光弾の弾幕は。

と言いますか、シャガルの地雷といいダラ一門のメテオといい、今回は本体別にいる奴多すぎやしませんかね・・・?
相手の攻撃をしっかり見切って攻撃を叩きこんでくのがモンハンの基本だと思っていますが、ホーミング性能やらランダムやら多様されると、立ち回りにブレが生じて若干面倒くさくるので個人的にはあまり好ましくはないのですが。

その分綺麗に捌けた時の快感は相当なもんがあるとはいえ・・・いや、愚痴ってもしっかり楽しく狩りには行くんですけどね。
最早モンハン中毒の末期を超えて何か別の次元に到達しました、みたいな心持ちになってるので、その程度の難題は受け入れていこうと思います。

そんなワケで今回は、「ヘタレハンターでも大丈夫!ジンオウガ亜種攻略法」を書いていこうかと。
ご苦労退治にお悩みのハンター様の参考となれば幸いです。


【ヘタレでも問題ない】ジンオウガ亜種攻略法【2乙したって勝てばいい】

img036


さて、ジンオウガ亜種ですが、攻略において重要なのは龍光弾に対する対処」です。
ぶっちゃけますと、これができれば攻略は9割方完成でございます。流石龍光弾が本体なだけはありますね!

多くの攻撃後に繰り出されるジンオウガ亜種の本体である龍光弾ですが、大きく分けるとその種類は2つ。『直線型龍光弾』『追尾型龍光弾』が存在します。

直線型はご苦労のタックルや尻尾叩きつけなどの攻撃後に発生し、「発生した時点でのハンターの位置」に向かって「一直線」に飛んできます。

一方の追尾型は、ご苦労のジャンプによってのみ設置され、「(龍光弾が)動き出した時点でのハンターの位置」に向かって「内側にカーブを描く」ように飛んでまいります。
更に若干ではありますが、ハンター位置到達後に追尾性能があり(あくまでカーブしての追尾になるので、然程気にする必要もないのですが)、対処としては直線型よりは厄介なイメージがあります。

対処法を至極カンタンに書くと「直線型は出たらその場から移動しなさい」、「追尾型は動き出したらその場から移動しなさい」となります。
いや、もう、本当にただそれだけなのです。むしろそれ以外の対処法は無いんでね?と言ってもいいかと。

ガードいう選択肢も勿論ありますが、ランスガンスチャアク以外でのガードはあくまで緊急時に行うもの。
頻繁に龍光弾をぶっ飛ばしてくるご苦労に対しては、立ち回りとして有効とは言えません。
ランスガンスチャアクに対しても、龍光弾とは別にご苦労自体も攻撃してくるということを考えると、余程のことが無い限りは回避してしまった方が楽ではあります。

とは言っても、そうカンタンに避けれたら苦労はしないワケで・・・単純なものほど実は以外と難しいという好例です。
幸いにも、動画サイト等で素晴らしい対処法動画が公開されてますので、それ見て後は練習あるのみ!というのが一番でございますね!!






以上!!ジンオウガ亜種の攻略法だ!!


・・・・・・うん、分かってます。
「こんなんなら最初からこの動画紹介しとけばよかったんでね?」というご意見、ごもっともです。

当然ながらこれだとあんまりにアレだと私自身書いてて気づいたので、攻撃面での立ち回り等でも書いておこうと思います。
あ、龍光弾以外の攻撃への対処についても、です。


えー、ジンオウガ亜種ですが、物理肉質的には「頭」「龍光まとい時の背中」が大きな弱点となっております。
近接であれば「後脚」も弱点候補。手数武器だと張り付いて狙いやすいのでオススメです。

遠距離は頭&背中(龍光まとい)以外にこれといった弱点は見当たりませんが、全体的に30前後は通るので、貫通弾乱射等でいけないこともないイメージ(通常弾でしっかり頭狙った方が効率いいですが)

属性肉質としてはの順で有効です。
中でもは、通常時で胴以外に20~25、龍光まとい時には背中・胴・尻尾(根本)を除いて最低でも25とかなり有効。
特に龍光まとい時の頭と前足は30も通るので、雷属性強化武器辺りで適当に殴ってるだけできゃいーんきゃいーん鳴いて可愛らしい姿を拝むことが可能です。

龍光弾以外の攻撃については、攻撃判定が一瞬or予備動作が分かりやすいものが殆どなので、回避性能ナシでコロリン回避が可能。
尻尾たたきつけや突進は流石にくらいますが、どちらも攻撃範囲自体は狭いので、軸をずらすだけでカンタンに回避できます。

そして面倒な龍属性やられは、龍耐性が20以上あれば無効化可能。
属性持ち武器でいくのであれば『龍耐性【大】』を考える価値は十分にあります。
攻撃全部避けられればいいんですけど、中々そうもいきませんからね。

以上のこと&ジンオウガ亜種の行動速度や連続攻撃の早さを考慮すると、雷属性強化した手数武器」が一つの解答になってくるかと。

個人的なオススメは『雷神宝剣キリン』素で雷属性580長い白ゲージ、更にスロット2つも空いてる拡張性の高さが魅力。
何気に防御+30の効果もあるので、保険としても有効です。
以下にキリン片手用いた対ご苦労用・筆者使用装備を載せておきますので、参考までに。

20150217_005222~01
20150216_235141~01


マイセット名【安産型[ご苦労]】

(剣士/女)

武:雷神宝剣キリン[2]
頭:ジンオウSヘルム[2]
胴:グリードZメイル[1]
腕:グリードZアーム[1]
腰:カイザーXフォールド[3]
脚:エクスゼロZグリーヴ[2]
守:龍の護石(KO+5、雷属性攻撃+12)[1]

制龍珠【1】×7、耐龍珠【1】、雷光珠【2】×2

攻撃力UP【大】
雷属性攻撃+3
龍耐性【大】
業物


・・・毎度の如く「まずは見た目から!」と拘ってみたものの、上半身と下半身のバランスがorz 立派な安産型体型に仕上がりました!素敵!!(錯乱)

・・・色合いはしっかりまとまっただけにちと残念。ついでに言うと、この構成だと「龍耐性【大】を発動させたところで全体の龍耐性が18にしかならない」ので、龍属性やられの完全無効化のためには猫飯で補強する必要があるという・・・素直に別の装備にした方がいいのかもと思い始めております(震え声)

けどまぁ、世の中にはこういうの好きな男性も割と多いかと思いますので、敢えて変更はしません。
考えた上で一番いい見た目になる装備がこれだったんだもの・・・もうしょうがないのです。

素の攻撃力が低めのキリン片手の欠点を補うために攻撃力UP【大】を。
高い雷属性を更に強化すべく雷属性攻撃強化+3を。
何かと面倒な龍属性やられを無効化する(できてないけど)ために龍耐性【大】を。
戦闘中は一切研がないでいいように業物を。
それぞれスキルとして組み込んでいます。

立ち回りは、後脚をザクザクしつつ転倒したら頭をザクザクの繰り返しです。
機会があれば乗りも狙っていくスタイル。龍光まといの解除を早めに行いたいので、通常時はなるべく乗り値蓄積だけに留めておくと後々楽かと思われます。

後はもう只管基本通りに。
慣れないうちは、怒り時は回避重視でいった方が安定するかもです。
特にソロの場合、怒り時の一撃くらうと怒涛の連続攻撃でネコタクを手配するはめになってしまいがちなので、その辺は気をつけるべき部分かと。

そんなこんなで全部位破壊しつついくと↓こんな感じ↓


20150216_234857~01


12'24"で討伐完了。
部位破壊を一切考えず、罠等もしっかり使用していけば5分針も見えてくる数字かと思います。


ジンオウガ亜種ですが、散々言われてるものの、慣れてさえしまえばどうとでもなるという印象です。
面倒くさいことは確かなんですが、スキルや武器、立ち回りをしっかりすることで、狩猟難易度は大幅に下がります。

龍光弾以外にいやらしい攻撃が一切無いので、そこを何とかしてしまえば、むしろ楽しい感じもしますね。
見た目もBGMもカッコイイですし、安定して狩れるようになると自信にも繋がる相手だと思いますので、皆様も毛嫌いせずに、ご苦労犬と戯れてあげるといいかと思います。


それでは本日はこの辺で。
明日も良い狩り日和でありますように。かしこ。


↓オウガ亜種アレルギーになった方はポチッと↓