皆様おはこんばんちわ。
本日も良い狩り日和ですね。
クック先生のクンチュウボウリングがいまだに避けられません。ayameです(挨拶)


image



さて、


発売から三ヶ月が経過して、未実装だった子たちも続々登場してきました。
シルソル胴に羽が生えてたのは何事かと思いましたが・・・今作はマントと羽が多い気がします。デザイナーの趣味か。

まぁ各モンスの実装について今更感はありますが、それでも皆でワイワイ狩れることは楽しいものです。
ソ ロでモンスの動きやら最適な武器やらそれらを用いた立ち回りやら、あれこれ考えながらやるのも楽しいですが、マルチでフルボッコするのはまた違った楽しさ がありますし、そうでなくてもPTプレイならではのトラブルやハプニングがあったりで、ソロメインだと新鮮な気持ちになれて嬉しい限りでございます。

しかしながらまぁ世の中には「ソロ専用モンス」いうのがいるワケで・・・
具体的には「モノブロス」「モノブロス亜種」「怒り喰らうイビルジョー(G級)」の三匹。

モノブロス連中はまだ分かる。
昔からソロ専用でしたし、個人的に突進野郎どもは得意分野なので、むしろ息抜きにさえなります。
かっと言って油断するとかるーくキャンプ送りになるんですけどね・・・

だが怒り喰らうイビルジョー(G級)!テメーは駄目だ!!

何でしょう・・・そもそも君、ソロ専用とかそういう位置づけじゃないやん、と。
しかも村クエにしかいねぇ、とかならまだしも、「探索or乱入限定」とかもうね・・・
会うための作業自体がもう若干めんどくさい。
ソロなのはあくまで現時点であって、今後イベクエ配信される可能性は高いですが、それを待つのもめんどくさい。
それでも、それでもグリードZのためには君を狩らなくてはならない・・・ッッッ!!


image

見た目といい同系統倍加のスキルといいマジ優秀な子よね。グリードZ(腰)


一応私個人としては見た目的に腰装備があればいいんですが、グリードZシリーズは剣士の場合頭で匠と攻撃、胴と腕で攻撃と切れ味のスキルポイントがあるので、火力装備組む場合は選択肢に入ってくることもあります。
まぁスロットの少なさで選ばれないことが殆どなんですが、好きな人は好きなんではないかな、と。

特に現時点では、「怒り喰らうイビルジョーをソロで狩れる」という証明にもなる装備ですので「ボク、地雷じゃないよ!!怒ジョーだってソロで狩れるんだよ!!」とアピールするために一部位くらいは身につけておいてもいいかと思います。

けれどまぁ・・・強いよね。怒ジョー。

いくら探索で何回死んでも大丈夫だ問題ないとはいえ、慣れてないとすげぇ勢いでキャンプ送りになることもしばしば。
G級探索のモンスはまぁ中々逃げないとは言っても、あまり死にすぎると逃げられて残念!あなたの狩猟は終わってしまった!!てなることもあります。
倒せずに困ってる方、まだまだきっと多いはずです。

なので今回は、「ヘタレハンターでも大丈夫!!怒り喰らう(原種&極限化にも対応)イビルジョー攻略法!!」を書き記していこうと思います。


【ヘタレでも問題ない】怒り喰らうイビルジョー攻略法【何乙しても勝てばいい】

d4a3735693a54cff5761efa76b3660b5

まず怒り喰らうイビルジョーさんの特徴として、

・イビルジョーによく似た何かである。
・具体的には殺意の波動に目覚めている。
・行動速度・攻撃力に魔改造が施されている。
・G級では「拘束した相手を加えたまま行動する」という暴挙を達成。
・軽やかステップからのブレスでハンターを虐殺する「暗黒盆踊り」を惜しげもなく披露するサービス精神(G級)
・尻尾に触れただけで拘束される亜空間捕食を獲得するという前代未聞の調整。
・意外とつぶらな瞳をしている(怒ってない時は)


みたいなのがあります。
原種や極限化個体もそうですが、ジョーに関しては兎に角その攻撃力と攻撃範囲が尋常ではありません。
巨体のくせに俊敏性も高いですから、離れていても一気に間合いを詰められるケースが多発。
更にブレスによる龍属性やられと疲労時の唾液による防御力DOWN効果という、補助技も所持。
「世界を喰らうもの」と称された事実は伊達ではございません。

しかしながら何というかジョーさん、よくよく観察しますと・・・


orusu

足下がかなーりお留守でございます。


およそ全ての攻撃の安全地帯それは「足下」
デンプシーも噛み付き大回転も薙ぎ払いブレスもあれもこれも、足下にいれば安心確実に回避可能。
その安心具合といったら、「当たろうと思っても当たれない」レベル。

例外となる攻撃は四股踏みと跳びかかり拘束攻撃、後、タックルくらいです。
ただ、四股踏みは左足の外側、いうかジョーの左側にいれば当たりませんし、跳びかかり拘束攻撃はジョーの方向に回避すればカンタンに抜けられます。歩いてるだけで勝手に頭の上飛び越えていくことも。
タックルはああ見えて攻撃判定が一瞬なので、割とカンタンにさばけます。尻尾方面の判定が弱いので、そっち方面に避けると安定かと。ただ、体の側面を突き出す感じでタックルしてくるので、予想より早めに攻撃判定が発生してます。モーション見たら早めの回避行動が吉です。

ギルクエや野良でジョーやってて、乙してしまう方を見ていると、「ジョーから離れようと行動してる」のが殆どです。
前述しましたが、巨体故の攻撃範囲の広さと、巨体にあるまじき俊敏性を誇るジョーさんです。
離れてる方がむしろ危ないです。
「足下がお留守ですよ!!」対ジョーで一番大事なのは、この基本を守ることでございます。
腹下から左足外側に張り付くことを意識して行動しましょう。

また、ご存知の方も多いと思いますが、ジョー連中には罠肉&各種罠が非常に有効です。
特に疲労時の「眠り生肉→頭付近に落とし穴→大タルG等で睡眠爆破→穴に落ちる→ハイパーフルボッコタイム!!のコンボは実に強力。
操虫棍などを用いて穴からの復帰に合わせて乗りが決まった日には、「怒ジョー(笑)」みたいなことになります。是非おためしください。

ジョーの各攻撃に対しては、「腹下に潜り込むようにコロリン回避すること」
思い切って懐に飛び込む気概があれば、ノーダメ討伐も可能な勢いとなります。
大事なことなので何度でも言いますが、「離れると危険」です。
これさえ守れば難易度は劇的に下がります。

装備やスキルについては、「高級耳栓」「耐震」「回避性能」辺りがあると一気に楽になります。
ただ、咆哮も振動も回避性能+1もあれば余裕で回避可能なので、回避性能だけつけて後は火力スキル山盛りでも全然構わないかと。薙ぎ払いブレスも回避性能あればくぐり抜けて頭殴る絶好のチャンスになりますからね。

以上、超絶カンタンな感じですが、怒り喰らうイビルジョーの対処法でございます。


戦ってると分かるのですが、イビルジョーは結構な良モンスです。
攻撃モーションがしっかりしてるので良くみてれば対処は楽ですし、振り向き後退=車庫入れ以外は、露骨な隙潰しもありません。
「まずは避ける。その後隙があれば殴る」というモンハンの基本行動がいかに大事かを、体を張って教えてくれるとてもいい子です。
皆様も毛嫌いせずに、是非ジョーさんたちと戯れてあげてください。
慣れればそのうち極限化個体すら可愛く思えてくるらしいから。


それでは本日はこの辺で!
明日も良い狩り日和でありますように。かしこ。


↓ジョーさんの足下にいると癒やしを感じるアナタはポチッと↓